部署紹介

  • 商品開発部 内川 勝弘
  • 商品企画推進部 岡田 光義
岡田 光義
取締役 商品企画推進部長 住設営業部長 兼任

営業部では、一致団結し、フィールドを開拓する。

私は入社以来30年間営業部門で仕事をしてきました。関東圏で一般流通、住宅設備機器メーカー、ガス会社向けの営業を経て、現在は住宅設備機器メーカーを担当する住設営業部と商品企画推進部部長を兼務しています。
住設営業部では、特にお客さまといい意味で戦う折衝能力の高さが求められます。メンバーには、限られた人数で大きなフィールドを他社と取り合うという例えを使って話をしています。方向性と自分達が持っている力を合わせ、一致団結して耕していく。足並みが揃わず遅れているところは、周りの人がフォローし、揃って進む。バラバラにならないようにするのが、大事だと思っています。色々な方向に動こうとする人がいますが、組織の力を判断し、継続的に出来るかどうか考えて、やるかやらないかを決める。そうやってマネジメントをしてきました。
人が成長するには、成功体験が大事です。メンバー自身が考え、知恵を絞り、業務を遂行することが成功の足がかりとなります。まずは私が一緒に出ていってやる。勝ち方を覚えたら、後はメンバーが自らやれる、と思っています。
成功すると自信になり、成長につながります。それをサポートすることで、さらに成長を進められると思っています。

お客さまと会社をつなぐのは商品企画。

商品企画推進部にきて、これまで表に出ていない、開発部門が当たり前としている苦労やこだわりがたくさんあることを知りました。それを営業の前線へ浸透させ、本当の意味でのスクラムを組んで、盛り上げていきたいと思っています。
お客さまと会社をつなぐ役割は、商品企画推進部しかないと思って突き進みます。
なにより、商品企画は、商品化の最初の一滴。真のニーズを捉え、こういうものが商品としてあればよいということを言えるのは、この部署の良さです。でも、技術を知らず、根拠を示せなけば、言うだけになってしまいます。営業との協力で市場調査を進めるのはもちろんのこと、メンバーには、より外に出て、情報、知識を増やし、根拠を持ってどんどん皆と意見を戦わせられるように成長してもらいたいと思っています。また、新製品には、機能性だけでなく、デザイン性の向上にも積極的に取り組んでいます。お客さまに喜んでいただける商品とは何かを、常に考えながら、一致団結の気持ちでやっていきます。

  • 商品開発部 内川 勝弘
  • 商品企画推進部 岡田 光義
募集要項
採用情報トップへ